油滴天目茶盌・作品名「銀河」

【油滴天目とは】
油滴天目茶碗は国宝にも指定されており、長い焼き物の歴史の中で人々から珍重されてきました。
「油滴」の名は、茶碗の表面に浮かび上がった銀色に輝く斑紋(はんもん)が油の滴のような美しさであったところから呼ばれています。
銀の斑紋の色調は、窯の中で起こる釉薬の変化によるもので、綺麗に銀色の斑紋を出すことが難しく、一つとして同じものはできない一点物となります。

【作品の特徴】
宇宙に輝く銀河を思わせることから「銀河(ぎんが)」という作品名がつけられており、美しい色調は見る角度によって多彩に変化します。
「わびさび」と「綺麗さび」を感じさせる品のある豊かな茶碗の景色は、抹茶茶碗としてお使い頂いても、抹茶の色がとてもよく映えます。

白米を入れても米の色とのコントラストが美しく見え、ご飯がより一層おいしくみえます。
また、内側の景色は,太陽光を照らしたり、水やお酒を注ぐと、光の屈折によって瑠璃色の輝きが浮かび上がり、 茶碗の表情が一層美しく変化してみえます。
瑠璃色の妖艶な輝きを秘めた茶碗の表情は、従来の油滴天目茶碗とは一線を画したものであり、見る者の心を魅了します。

商品サイズは、幅約12.2cm・高さ7.2cmとなります。
作家直筆の桐箱付属となります。

¥ 68,000

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • ゆうパック

    日本郵便が提供する宅配サービスです。荷物追跡に対応しています。

    全国一律 1,000円

※19,800円以上のご注文で国内送料が無料になります。

通報する